doraiya-

ドライヤーの正しいかけ方って?

みなさんお風呂上りには濡れた髪をドライヤーで乾かすと思いますがそのやり方、あってますか?

その前にドライヤーで乾かしてますか?
どうしてドライヤーで乾かすのでしょうか?ほっておいても乾くのに・・・

目的は大きく分けて2つ。

髪にかかるダメージを軽減させるため」「雑菌の増殖を防ぐため
ダメージの軽減」というのは、髪は濡れている時が一番弱い状態です。
そんな時に髪の毛同士がこすれあったり枕に押さえつけたりすると、パーマやカラーをしていなくてもどんどん髪の毛が痛んでいきます。

雑菌の増殖」ってなんか気持ち悪いですよね。
でも濡れたままにすると頭皮や髪の毛に雑菌が増殖して不衛生です。放っておくと嫌な臭いの原因になります。

乾かさないと楽というメリットよりデメリットのほうが大きい気がしますよね?
はい!乾かしましょう!!

話を戻しますが、正しいドライヤーのかけ方は・・・

まず、タオルで余分な水分をしっかり吸収します。
しっかりと水分をとったら乾かし始めます。どんなスタイルでも根元から立ち上げるように乾かします。
そうすると、クセの矯正、綺麗なツヤ、求める毛流れがだしやすくなります。

ドライヤーは髪の毛から15~20cm離してかけましょう!
髪の毛は約60度の熱でダメージになると言われていて、ドライヤーの噴出し口は100度まで温度が上がります。
速く乾かしたいからといって近づけると、もうダメージ祭りです!!

根元が乾いたら中間~毛先にかけて手ぐしをなるべく多く通して乾かします。
手ぐしを通すとツヤ、収まり全然違います。

みなさん、正しいドライヤーでキレイな髪の毛になって楽しく生活しましょう!!!