20140422095711

パーマのもちを良くしたい!!

パーマをかけた髪の毛は絶対にお手入れが必要です!!パーマのもちを良くするお手入れの方法、art to hairが教えます!!

パーマをかけるために美容院に行く日はコーティング剤が入っているヘアケア剤はつけないで!パーマの薬剤が浸透しにくくなってパーマのかかりが悪くなります

パーマをかけた後に守って欲しいことがいくつかあります。
1.パーマをかけたその日はシャンプーをしない。→パーマをかけたその日は髪にパーマ剤しっかり残っている状態。形を記憶させている途中です。パーマがゆるくなる・とれる原因です。我慢できるのであれば2〜3日はお湯のみで流すのが理想です。
2.シャンプーを変える。洗浄力ができるだけ強くないものを使う。パーマをかけた髪は水分不足になりやすいので、洗浄力が強いと髪に必要な水分が奪われるてパーマがだしにくくなります。*アミノ酸系のシャンプーがおすすめ!! シャンプーの成分表示にラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naと書いてあるもの、石鹸シャンプーは洗浄力が強いので注意しましょう!!
3.髪を引っ張らない→基本中の基本!!髪を触りすぎたり、引っ張ったりすることはパーマがとれるだけではなく切れ毛・枝毛の原因になります。傷んでしまうとますますパーマほかかりにくく、長持ちしにくくなってしまいます。
4.トリートメントのやり方に注意。→1週間は過度なトリートメントをしない。栄養を与え、水分を保持させようとするトリートメントはパーマをかけた直後の不安定な状態の髪にするとパーマをだれさせてしまいます。*ストレートパーマの場合は持ちがよくなります。
パーマがしっかり定着するまでの1週間くらいはリンスで大丈夫です。それ以降はパーマをかけた髪は水分不足になりがちなのでトリートメントでしっかり保湿しましょう!
5.紫外線・自然乾燥は避ける。→紫外線ダメージで水分不足になって髪が傷みやすくなります。保護スタイリング剤をなじませる、帽子をかぶるなどして、髪の紫外線対策を行いましょう。
自然乾燥はチリや雑菌がつきやすくなります。寝るときは必ず乾かしましょう!!
乾かし方のポイント
・タオルドライをしっかりする。根元はつかむように、毛先はポンポンたたくように。絶対にこすらない!!
・根元から乾かす。
・毛先は大きいうウェーブの場合はパーマがかかっている方向にそって乾かす。細かいウェーブ・無造作なパーマは揉み込むように乾かす。
自然乾燥や濡れたまま寝ると乾燥や摩擦によるダメージにもつながるので注意!!

パーマがすぐとれる、いつも持ちがよくない人はぜひやってみてください♪素敵な髪型を長く楽しみましょう!!