-e1427439900371

頭皮のニオイ・べたつきをなんとかしたい!!

頭皮のニオイとべたつきはシャンプーのやり方・成分、ドライヤーで抑えれます!!頭皮のトラブル・悩みはたくさんあると思います。シャンプーしているのにベタベタする…頭が臭くなる…という方いませんか!?その原因と対策をartが教えます。

まずは原因です。大きくわけて3つに分けれます。
《原因1》毛穴の汚れ・皮脂の洗い残しで酸化トラブル
頭皮は人体で1番皮脂が多い場所。Tゾーンの約2倍もあります。洗いきれずに頭皮に残るとホコリがついたり、雑菌の繁殖を招きます。それが頭皮のニオイに繋がります。頭皮は毛穴が大きく、数も多いので汗や皮脂、フケといった老廃物や油性のスタイリング剤が残りやすい部分です。毛穴に詰まることもニオイの原因になります。頭皮の汚れをしっかり落とすことが大切です。

《原因2》髪を乾かさないで寝てしまうことによるトラブル
濡れたまま寝てしまう・きちんと乾かさない状態で長時間いることはよくないです。頭皮の湿度が必要以上に高いと菌などが繁殖しやすくニオイの原因になります。頭皮だけではなく髪にもよくない状態です。切れ毛や枝毛などダメージにも繋がります。

《原因3》間違った洗髪による頭皮ダメージと乾燥のトラブル
しっかり乾かさないとカビが発生します。カビは頭皮にある角質が大好きです!!増殖してニオイの元になってしまいます。洗濯物の部屋干しをイメージするとわかりやすいと思います
頭皮のニオイの原因は皮脂と汗、スタイリング剤や空気中の雑菌が結びつくことで発する酸化したニオイと、皮脂を取り過ぎてしまう洗浄力の強いシャンプーを使うことによって皮脂が過剰に分泌するようになり、それが原因で雑菌が繁殖し、腐敗臭を放っていることです。
頭皮がべたつく原因のひとつに、皮脂を洗い落としすぎていることが考えられます。洗浄力の強いシャンプーを使うと、必要以上に頭皮の皮脂が洗い落とされてしまい、皮膚が乾燥します。すると、頭皮の乾燥を防ごうと、身体が大量の皮脂を分泌するため、頭皮がべたつくのです。
シャンプーは爪を立てずに指の腹で頭皮を洗っていきましょう。痒みがある方など爪を立てて洗いたくなると思いますが、それはむしろ逆効果になります。爪で痛められた頭皮は乾燥してフケや、より痒みを増すだけです。すすぎも不十分だと頭皮を傷めてしまいます。

以上の原因を解消させるにはポイントがあります。
《ポイント1》頭皮の毛穴トラブル改善
肉食などの動物性たんぱく質や脂肪は悪臭の元になる成分が含まれています。脂っこい食事は控えて野菜と穀物などをしっかり食べるようにしてバランスのいい食事を心がけましょう!!
《ポイント2》頭皮をキレイに柔らかくするマッサージ
シャンプー後にの清潔で血行がよくなっている頭皮に頭皮の美容液などをつけてマッサージをするのがオススメ!!
artにはヘッドスパメニューがあります。クレンジングでしっかり毛穴の汚れを落として美容液などをつけてマッサージをすることにより頭皮のコリをとって血行をよくして柔らかい頭皮に戻していくスパがあります。
《ポイント3》カビや細菌の繁殖防止
シャンプー後に髪が濡れたままだと髪にも頭皮にもよくありません!!タオルドライをしっかりとし、ドライヤーを使って根元から乾かすようにしましょう!! 乾かし方はこちら
《ポイント4》間違った洗髪による頭皮のダメージと乾燥を避ける
洗浄力の強いシャンプーは髪にも頭皮にもNGです!!汚れがしっかり取れた方がすっきりされる方も多いと思いますが、頭皮に必要なものまで取れてしまいます。低刺激のシャンプーを使うことによって本来の頭皮に皮脂と汗が持つ機能を取り戻すことが大切です。シャンプーのやり方も痒いからといって爪を立てずに指の腹を使ってやりましょう!!シャンプーのやり方はこちら
《ポイント5》シャンプーの選び方に注意
ドラックストアで販売されているシャンプーのほとんどが高級アルコール系シャンプーです。車の洗浄剤に使われている強い洗浄成分(界面活性剤)であるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naが含まれています。
非常に強い成分なので乾燥やフケの原因になるだけでなく、髪が硬くなったり、きしみなどのダメージを与えます。
成分表示にコカミドプロピルベタインやラウロイルメチルアラニンNaなどが書いてあるシャンプーは洗浄力が優しいです。

ベタつき、ニオイが気になる方はシャンプーの種類、やり方に注意が必要です!!ドライヤーもしっかり使って乾かしてください!!夏はどうしてもベタつきやすいのでartでハッドスパをするのもオススメです♪