後ろ

トリートメントの効果的なやり方

ちょっとやり方を変えるだけでトリートメントの効果がもっと出てツヤツヤの髪の毛になります!!artがそのポイントを教えます。

トリートメントとは何かみなさん覚えてますか!?トリートメントは髪内部を補うもの。髪表面が傷んで内部のタンパク質が溶け出してスカスカの状態になった髪に元気を与える成分をしみ込ませて内部から髪を回復させるのがトリートメントの役割。髪表面の状態を整え、髪に栄養や油分を補い、ダメージをケアしながら本来の健康な髪に導くのが目的です。

トリートメントは髪内部まで浸透しなければ意味がない!!そのためキューティクルの隙間から成分を入れ込む必要があります。ただつけて流すだけでは、せっかくの成分が髪の表面を滑って流れてしまうだけです。

《トリートメントの効果をアップさせるポイント!!》
1.つける前には、しっかり髪の水気を切るのが大切。
シャンプー後、髪の水気を軽くしぼります。さらにタオルで軽く水気をとります。水気を切らないとトリートメントの油分をはじいてしまい、効果が発揮できなくなります。髪がびしょ濡れだとトリートメントが薄まり、浸透の邪魔になります。しっかり水気を切ってからトリートメントをなじませましょう!
2.毛先からつけて、コームでとかす。束にしてギュッと握ること。
傷みがちな毛先を中心に髪につけます。根元付近はあまりダメージを受けていないのでしっとりしすぎて髪が重くなってしまうので注意!!トリートメントをつけたら粗めのくしでコームスルーして、その後にキューティクルを整えるように髪をなでるようにマッサージしてあげてください。毛先の束を手で握ると浸透UP。横からの力が加わって、キューティクルの隙間にトリートメントが押し込まれるようになります。
3.しっかり浸透させるための時間と保温!!
一定時間を過ぎればあまり効果は変わらなくなるもの。長くても10分を目安に。蒸しタオルを頭に巻いて保温しながら時間を置くと浸透しやすくなります。浸透には時間と温度が必要。温かいタオルで覆って、シャワーキャップをかぶって湯船に浸かるのがオススメ!!
4.流しすぎないこと!!
すすぎは余分なヌルヌル感が取れ、髪にしっとり感が残るぐらいの感触になったらO.K!!こすらずにやさしくすすぎましょう。逆にすすぎがあますぎると油分が残りすぎてしまい、日焼け(油焼け)しやすくなり、髪が赤くなるなど褪色する原因になります。
5.毎日やることで、さらにツヤが生まれます!!
洗い流すトリートメントは髪内部まで入り、補修効果があり、流さないトリートメントはドライヤーの熱や紫外線から守ってくれるという2つの別の働きで髪を守ってくれます。どちらかだけではなく両方使うことで髪本来の健康な状態に近づけます。
ヘアスタイルやライフスタイルの変化で現代人の髪はダメージが大きくなってきてます。トリートメントはスペシャルケアと考えずにコンディショナーのように毎日使うことが大切です。

せっかくいいトリートメントを買ってお家にあっても使い方が違っていたらもったいないです。5つのポイントを意識することでトリートメントの効果を100%発揮できるようにしましょう!!