スクリーンショット 2016-01-15 14.18.57

美容院art to hair(アールトゥヘアー)が教えます!!「髪がパサパサになる」〜その1〜原因は体の中にあったんです!!

髪のパサつきの原因は体の内部からのものと外部からのものがあります。それぞれの原因にあった対処法をすれば改善できます。今回は『体の内部が原因で起きるパサつき』です。みなさん当てはまるものありませんか?

髪のパサつきは髪や頭皮の水分が少なってしまい乾燥をつくってしまうということです。体の内部が原因というと何を思い浮かべますか?

原因1 栄養不足

顔や手足などの肌と同じで頭皮や髪の毛はタンパク質でできています。健康な頭皮と髪の毛を保つためには、しっかりタンパク質を摂取する必要があります。また、頭皮や髪の毛の新陳代謝には、ビタミンやミネラルなど、様々な栄養素が必要です。無理なダイエットや偏った食事はバランス良くタンパク質やビタミン、ミネラルが摂れません。
生命を維持するのに重要なのは内臓や脳なので、栄養は優先的に内臓にいってしまいます。そのため、栄養を十分に摂取できていないと、後回しとなった頭皮や髪の毛に必要な栄養が届かず、トラブルになりやすい状態になることがあります。

原因1を解決するには食事を改善する

バランスの良い食事をみなさんとりましょう!!良質のタンパク質、ビタミン、ミネラルは大切です。偏食や無理なダイエットは体に負担というのもありますが頭皮にも影響が出るので注意してください。

原因2 生活習慣や体調不良

喫煙睡眠不足などの生活習慣も、頭皮や髪の毛に大きな影響を与えます。喫煙は頭皮の血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると髪と頭皮に栄養が行き届きにくくなります。また、ストレスによる自律神経の乱れも頭皮や髪の毛にとっては大敵です。頭皮の乾燥や髪の毛のパサつきの原因となります。疲労ストレス皮膚の老朽化を起こします。そうなると血行不良や頭皮のターンオーバーが正常にできなくなってしまいます
また、運動不足などによる血行不良も、言うまでもなく頭皮や髪の毛に悪影響を与えます。

原因2を解決するには生活習慣を見直す

喫煙者の方はタバコを控えるようにすること。喫煙は他にも髪や頭皮に良くないことがあります。詳しくはこちら
ストレスや疲労を溜めないように十分な睡眠をとることやストレス解消法を見つけておくことが大切です。

髪のパサつきは頭皮の乾燥が原因のことが多いです。頭皮の状態が良くないと髪も細くなったりパサつきが出やすくなってしまいます。髪のパサつきはよく髪のダメージを考える方が多いですが、頭皮のケアもしっかりしないと健康な髪は生えてきてくれません。