スクリーンショット 2016-02-09 11.28.23

美容院art to hair(アールトゥヘアー)おすすめカラー 春夏の新色「フレンチライン」

2016年春夏は『フレンチカジュアル』がトレンド。ペールな黄緑とペールな赤紫で創り出すツヤのある寒色が軽やかさのあるフレンチカジュアルに仕上げます。

2015年秋冬の流れから、自然体で飾らない雰囲気はそのままに「品」をとれ入れる傾向になってます。
フレンチカジュアルとはさりげなく品を感じるカジュアルな雰囲気の着こなしのこと(有名人で例えるとジェーン・バーキン)。カジュアルファッションに、上品さを感じる小物や素材をプラスして演出します。

引用元 http://laughy.jp/1432025230815193232

フレンチカジュアルを引き立てるには、軽やかな寒色にツヤをプラスすることがポイントです。カジュアル要素である軽やかさに、品を感じるさりげないツヤなヘアカラーが今季のトレンドを引き立てます。
軽やかさとツヤを両立した新寒色カラー「フレンチライン」がオススメです。

スクリーンショット 2016-02-09 11.28.23
引用元 http://www.milbon.co.jp/products/ordeve/pro1.html

フレンチセピアアッシュ

淡い「黄緑色」を持った軽やかな“黄緑味のある灰白色” 赤味が強い髪の方におすすめのお色です。ほんのり黄緑味のある灰白色で、赤味を抑えつつ、ツヤをまとった軽やかな寒色を表現します。
濁りのない透明感のあるツヤと柔らかさが出ます。マット系(緑系)のカラーは顔がクスムように見えますが、この色は綺麗に見えます

フレンチモーヴアッシュ

淡い「赤紫味」でツヤのある“赤紫味のある灰白色” 黄味が強い髪の方におすすめのお色です。ほんのり赤紫味のある灰白色で黄味を抑えつつ、ツヤをまとった軽やかな寒色を表現します。
ツヤと柔らかさがあり、黄味が残ったパサつきが全くないです。ツヤと透明感がわかりやすく、暗めのカラーでも毛先などに吸い込みがないです。

 

2色ともシャボン玉の表面のような淡黄緑色と淡赤紫色がカラー剤に入っているので、黒く濁らずツヤをまとった軽やかな寒色(灰白色)を実現しました。

2016年の春夏の質感は、日本人が憧れてやまない『やわらかさ・抜け感・赤味なし・軽さ』を感じる質感が主流になってきます。明るめのカラーでも暗めのカラーでも表現できるフレンチセピアアッシュとフレンチモーヴアッシュを試してみてはどうですか?