free-textures-goodbye-summer-02

art to hair(アールトゥヘアー)が教える。紫外線による髪のダメージ!!

こんにちは、アールトゥヘアーの西村です。最近、暖かくなり外に出かけることも多くなってきたことと思いますが、紫外線対策はされてますか?
紫外線によってダメージを受けるのはお肌だけではなく髪も紫外線によって大きなダメージを受けてしまうのです。

=髪に紫外線を受けるとどのようなことが起きるのでしょうか?=

枝毛・切れ毛ができやすくなる

紫外線が髪に当たると紫外線は吸収されてしまいます。 すると、髪を構成しているケラチンタンパクという物質がダメージを受けてしまいます。そうすると、髪を保護しているキューティクルが剥がれてしまい、髪に必要なタンパク質や保湿成分が流出して髪は水分を失ってパサパサに乾燥してしまうのです。
その結果、枝毛や切れ毛といったダメージを引き起こしてしまうのです。

edage画像引用元 http://smooth-life.net/2000.html

退色しやすくなる

紫外線は髪の内部にある髪の色素であるメラニン色素までも分解してしまいます。
そのメラニン色素が破壊されてしまうとどんどん髪の色はぬけおちていき退色したツヤのない髪になってしまいます。 日々の紫外線対策を怠ると、せっかく美容院で綺麗にヘアカラーをしても色落ちがはやくなってしまいます。

 

stockfoto_35946110_S画像引用元 http://www.atama-bijin.jp/hair_care/beautiful_hair/color/pink_come_out/

このように紫外線は髪の内部まで影響を及ぼしてしまうのです。
そして髪はダメージを受け、弱ってしまいパサついた傷んだ髪になってしまうのです。 髪はもっとも体の中で太陽に近い分紫外線もあびやすいのです。髪は肌と違って修復能力が低いので一度ダメージを受けると回復が難しいので肌と同じくらい紫外線対策が必要なのです。