MIYAKO85_musyokuhanmokku20140725_TP_V

art to hair(アールトゥヘアー)が教える紫外線がもたらす肌への影響!!紫外線の怖さがわかりますよ。

こんにちは、art to hair(アールトゥヘアー)のヨシハラハジメです!今回は紫外線がもたらす肌への影響について調べてみました。

そもそも紫外線とは何なのか?

紫外線とは『太陽光線の1種』で電波と同じように目では見えないもの。紫外線には『UV-A』『UV-B』『UV-C』の3つのタイプが存在している。3つの中で特に肌への影響をもたらすのが『UV-A』『UV-Bです!

紫外線はどう肌に影響をもたらすのか?

UV-Aは肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌にダメージを与えてしまいます。肌のハリや弾力を失わせて老化を引き起こす原因になる。またメラニン色素を酸化させるので、肌を黒くさせる作用もある。

UV-Bは紫外線の中で約1割と量は少なく、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日焼けによる炎症反応)数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着)を引き起こす作用がある。炎症やシミの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけてしまいます。DNAの損傷が度重なると皮膚ガンの原因にも…生体への影響が強いのです!

みなさん、これで紫外線の知識は手に入れましたね。さらに紫外線の怖さもわかったと思います。自分自身の美容と健康を守るために紫外線ケアはしっかりしましょう!