wallpaper-window-photo-03

自然乾燥はなぜ髪によくないのか?みなさん知ってましたか?

こんにちは!art to hair ヨシハラハジメです!今回は自然乾燥はなぜ髪によくないのか?について調べてみました!『ドライヤーするの面倒くさいから自然乾燥でいいや!!』その考えは髪には良くないですよ!!

髪が濡れている状態だとなぜよくないのか

1. 髪の表面のキューティクルには「摩擦に弱い」性質と「水分や熱によって開く」性質がある。シャンプー後に髪を乾かさずに放置すると、キューティクルが開いたままになり、いわば「無防備な状態」が続きます。ブラッシングなど、ちょっとした刺激でも簡単にキューティクルがはがれ落ちてしまいます。乾かさない状態が続くと、本来髪がもっている水分やタンパク質が流出して失わせてしまい、ツヤやコシがなくなり切れ毛がふえます

081931a9-dee2-4a6b-97a4-f483b1a9421c
画像引用元 http://hairhapi.com/articles/BtO72AZg

2.シャンプー後の濡れた髪や頭皮は、湿度がとても高い状態になっています。頭皮はもともと湿度や温度が高く、雑菌が生息しやすい。そこに濡れている髪が加われば、雑菌にとっては絶好の繁殖場所になる。雑菌が繁殖すると、かゆみやできものができ、頭皮の環境が悪くなるので、毛髪の成長にも悪影響です

zakkinn画像引用元 http://usuge-teppen.net/genin/zakkin/

 

シャンプー後には絶対髪を乾かして、ダメージから髪を守ることは大事です!トリートメントなどでしっかりヘアケアしていてもドライヤーで素早く乾かしていないと意味がなくなってしまいますよ!!