free-resources-sheep-photos-02

『ストレートパーマ』と『パーマおとし』の違いって何?

こんにちは、art to hairのヨシハラハジメです!今回はストレートパーマ(縮毛矯正)とパーマおとしのちがいについて調べてみました!

=パーマおとしとは・・=

もともとの髪質がまっすぐの方がパーマをかけて元に戻すときに行う技術です。くせ毛の人がパーマおとしをすると、一時的にクセがおさまり髪の手入れがしやすくなりますが、持続性は1〜2ヶ月位と長持ちは・・・。もともとがくせっ毛の方のクセを治したい場合はオススメではないです。ストレート(縮毛矯正)よりもダメージは少ないですが、矯正力が弱く、持続性にかけます。またクセも残りやすい。なのでパーマおとしは地毛が直毛の方でパーマをとりたい時におすすめです。

=ストレートパーマ(縮毛矯正)とは・・=

薬剤と熱処理(アイロンなど)によってクセ毛を伸ばしていく技術です。伸ばした髪は、パーマ落としとちがい、もとに戻ることはほぼない。一度かけたクセ毛は半永久的にストレートになり、スタイリングに時間はかからないです。くせ毛の方はこちらがおすすめです。

パーマおとしやストレート(縮毛矯正)を長持ちさせるには、アフターケアが大事です。
当日は髪を結ばない、耳にもかけない、24時間はシャンプーをしないなどのアフターケアをしっかりやることも大事です!

パーマおとしは熱のダメージはそこまでないですが、縮毛矯正と同じく髪に薬剤を塗布します。髪の毛に薬剤の負担がかかるのでお家でのトリートメントなどのヘアケアを忘れずにしましょう。