photo-boy-face-scream-water

みんな知ってた?自然乾燥のメリットとデメリット

こんにちは、アールトゥヘアースタッフの井上朱里です。今回は自然乾燥のメリットとデメリットについてお教えしたいと思います。

今から暑くなるにつれて髪を乾かす作業が非常にめんどくさくなっていきますよね?
『ドライヤーなんて暑くてめんどくさい』
『せっかくシャワーしたのにまた汗をかきそう』
いろんな理由でドライヤーを使わず、自然乾燥で髪を乾かしてしまうという人が多いかと思います。確かに自然乾燥で髪を乾かせば楽なんですが・・・意外と知らない落とし穴があったんです!

まず、自然乾燥をした場合のメリットを幾つかお教えします。

・ドライヤーを当てる手間がはぶける
・髪を乾燥させすぎる事がない
・電気代の低コスト(ロングなら特に)
などいろいろありますよね。

では、自然乾燥のデメリットは?

・濡れている時間が長いため雑菌が繁殖しやすい(枕にも)=ニオイやかゆみ・湿疹の原因
・まとまりがなくなりぱさつきやすくなる
・キューティクルが傷つきやすい
髪のダメージで最大の原因はキューティクルが傷つくことです。
キューティクルとは髪の表面にあるうろこ状のものでこれが整うことで
ツヤ感やまとまりのある髪が手に入るのです!
しかし、濡れている状態というのは一番キューティクルが傷つきやすい状態。
コーミングなんかしようもんならうろこがボロボロと・・・
自然乾燥だと髪の毛は傷むし雑菌は繁殖するなどいろいろなトラブルに繋がります。

暑くて面倒なドライヤー作業ですが、綺麗な髪を持続させたいのなら8割でもいいのでドライヤーで乾かしましょう‼︎

こちらの記事も読まれています
ART TO HAIR(アールトゥヘアー)が考える髪が細くなるとはげやすい?は本当なのか?
縮毛矯正のもちをよくするための4つのポイント教えます!!