256H

裏ワザ 寝グセを直すコツ教えます。

こんにちは!art to hairのヨシハラハジメです!今回は寝グセの直し方、寝グセをつかないようにするためにはどうしたらよいのか?について調べてみました!

まず、寝グセをつかせないためには・・・

髪の毛をしっかり乾かしましょう!!

髪は水分が乾燥するときに癖がつきます。寝るときに乾いてないと、枕や寝返りのせいで寝グセがついてしまう。ロングでもショートでも髪が濡れたまま寝ると絶対寝グセがついてしまいます。寝グセでけではなく濡れたまま寝てしまうと髪はダメージが出やすくなって、頭皮は雑菌が繁殖しやすくなってしまうので注意してください!!

髪の毛を束ねて寝ましょう

寝返りをうったりすることで寝グセの原因になります。髪が長い方は髪を固定して寝ることで寝グセを防げます。縛るときは緩めのゴムで軽くしばるといいです。ゆるめの三つ編みでもいいと思います。髪を束ねることで髪と枕、背中などと擦れにくくなるので摩擦のダメージも防ぐことができます。

large画像引用元  http://weheartit.com/entry/153683757

どうしてもついた場合はどうするの?

根元が髪の流れを作っているので、根元を水で濡らします。(しっかりめに)ドライヤーの温風で髪の流れに沿って上から下に向かって乾かす。毛先のハネが気になる場合は内側にねじってハンドブローしながら乾かす。最後に冷風でさまして形を固定させる。

よりつよい寝グセの場合はどうしたらよいの?

蒸しタオルを使う・・・濡らしたタオルをレンジで1分程度あたためて、寝グセに根元から蒸しタオルをあてる。髪がしっとりしたらドライヤーで乾かす。

以下のことを気をつけていくと寝グセも解消されますよ!