IMG_0277

ヴァセリンには17コの活用法があるんです‼︎

こんにちはart to hairの白井香織です。

今回は薬局やコンビニで手軽に買える『ヴァセリン』の活用法についてです‼︎

スクリーンショット 2016-06-14 13.38.10画像引用元 http://www.vaseline.jp/products/original_jelly/

*まずヴァセリンのいいところは・・・*

お手軽に買える安さと保湿力が高く、肌を保護する保湿オイル。ステロイドや防腐剤が入っていないので赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃんまで安心して使えるところです。実は有名なマリリン・モンローもこのヴァセリンを愛用していたそうです‼︎ では『ヴァセリン』の活用法をお伝えしていきます‼︎

1.赤ちゃんの保湿に

赤ちゃんは肌が柔らかくて薄いので大人に比べて乾燥やかぶれに弱いです。ヴァセリンはオムツかぶれにいいです‼︎かぶれているところを綺麗に洗ってあげて優しく水分を取ります。そこにヴァセリンを塗るだけです。かぶれて乾燥していたところを保護してくれるので治りが早くてなります。鼻風邪をひいて鼻の下が炎症を起こしているときも少量つけてあげると痛くないです。8347586905_b011144c17_z

2.クレンジングとして使う

市販で売られているものはしっかりメイクを落とすために肌に必要や皮脂までとってしまって乾燥しやすくなります。特にオイルクレンジングは‼︎ ヴァセリンは保湿しながら頑固なしっかりメイクもキレイにオフできます。お顔全体に使ってもいいですし乾燥しやすい目などのポイントメイク落としとして使ってもいいです。

3.アイメイクのお直しで使う

マスカラをしているとき、アイラインを引いているときまぶたに付いてしまったことないですか⁇そんな時はヴァセリンと綿棒があればお直しができます。綿棒にヴァセリンを少量つけて間違えてまぶたに付いてしまったマスカラやアイラインを優しくこすります。そうするとキレイにとれます。

4.ヴァセリンでマッサージ

お風呂の湯船につかっているときにするのがポイント‼︎クレンジング後のキレイな状態の肌にヴァセリンを塗ります。指の腹で肌に馴染ませながら優しくマッサージします。ホットタオルで押さえたら気持ちいいですよ。これをすることで、肌に残っている汚れや取り除けなかった角質が柔らかくなってキレイにとれます。肌も柔らかくモッチリします。

5.乾燥肌・肌荒れに効果的‼︎

使い方は化粧水後に使うのがポイント‼︎小豆大のヴァセリンを手の平で温めて少しゆるい状態にします。乾燥しやすいところや気になるところに塗るだけです。目の周りや頬、唇はたっぷりめにつけてあげるといいです。 せっかくクリームや乳液を買ってきたのに思ったより保湿力がなかったことないですか⁇そんな時はヴァセリンを混ぜて使うと保湿力がアップします‼︎

6.ハンドケア・ネイルケアに

水仕事が多くて乾燥しやすい方、いつもネイルをしている方にオススメ‼︎ハンドクリームの代わりにヴァセリンを使います。少量で伸びがよく、水も弾いて保湿もしてくれるので冬場のお湯を使う時期にはいいです。ネイルをされている方はキューティクルオイルの代わりに使います。爪の乾燥と指先の乾燥が防げてネイルの持ちが良くなります。IMG_0864_s

7.化粧下地に

普段のメイクをするとこに使う化粧下地にちょっと混ぜます。そうすると崩れにくいベースができます。ヴァセリンを混ぜるとベタベタになって気持ち悪そうって思うかもしれませんが保湿されていないと余分な皮脂が過剰分泌されてしまって化粧崩れしてしまいます。気になる方は塗った後に軽くティッシュで押さえてあげるといいいいです。 マリリン・モンローは極度の乾燥肌だったらしくこのやり方でメイクしていたそうです。

8.指輪が抜けなくなった時に

石けん水でとれるとも言われますが近くに水がないとできませんよね⁇ヴァセリンなら指輪に塗るだけで簡単に抜けます。水がなくても馴染ませるだけで潤滑剤の代わりになるので抜けなくなった指輪が簡単に抜けます。手に残ったヴァセリンは洗い流してもいいですし、ティッシュで軽く拭き取って残ったものをハンドクリームみたいに手に馴染ませてもいいです。

9.花粉症対策に

今年ネットでたくさん出てましたがヴァセリンが花粉症いいの聞きましたか⁇使い方はすごく簡単‼︎鼻の下、目の周りに塗るだけです。そうすると花粉が鼻や目に入りにくくなるんです。お客様でも試された方がおられました。「いつもよりラクでした‼︎」と教えて下さいました。

10.アイシャドウ+ヴァセリン

割れてしまったアイシャドウやパレットにちょっとだけ残っているアイシャドウって勿体ないですよね⁇そんな時はヴァセリンと混ぜる‼︎そうするとクリームシャドウが出来ます‼︎特にパールやラメの入ったアイシャドウとヴァセリンを混ぜると艶っぽいクリームシャドウになりますよ。ハイライトと混ぜるとアイシャドウのベース代わりにもなります。

11.リップ(口紅)+ヴァセリン

折れて使えなくなったリップやちょっとだけ残っているリップって勿体ないですよね⁇そんな時はヴァセリンと混ぜる‼︎そうすると保湿力の高いリップグロスになります‼︎自分オリジナルのリップグロスの出来上がりです。IMG_0574

12.チーク+ヴァセリン

割れてしまったチークや使わなくなったチークの活用法!!勿体無いのでこれもアイシャドウと同じくヴァセリンと混ぜます。そうすると保湿力の高いツヤツヤのクリームチークになります。クリームチークとしてだけではなく、リップ(口紅)としても使えます。

13.靴擦れ防止に

新しい靴、長時間歩いたり走ったりする人で靴擦れになりやすい人にオススメ‼︎靴を履くまでに靴擦れしやすいかかとなどにヴァセリン塗ってから靴を履くと靴擦れ防止になります。ヴァセリンが保護してくれます。もし靴擦れしてしまってもヴァセリンを塗ってから絆創膏を貼ると外部の刺激から傷口を守ってくれるので痛くなりにくいです。82H

14.香水を長持ちさせたい

香水をつける前にいつも香水をつけるところにヴァセリンを塗ってから香水をつけるといい香りが長持ちします。

15.日焼けのアフターケアに

日焼けした肌は軽いやけど状態になっています。肌が傷ついて水分をキープする機能が弱まっているのでたっぷり塗ることで保湿してくれます。またヴァセリンを塗っておくとシャワーが当たってもヴァセリンが油膜をはってくれるので何もしないときに比べると痛くないです。

16.マニキュアを塗るときに

マニキュアがいつもはみ出して指が汚れてしまう方にオススメ‼︎マニキュアを塗る前に爪のまわりの皮膚にヴァセリン塗っておくとマニキュアがはみ出して皮膚に付いてしまっても簡単にとれますマニキュアのボトルの首の部分に塗っておくとマニキュアが固まらないので簡単にフタが開けれます。IMG_0254

17.ピアスに塗る

ピアスがなかなかホールに入らないときに使うといいですよ!!ピアスを入れるときに塗っておくとヴァセリンが潤滑剤になるのでスムーズにピアスが入れやすいです。

ヴァセリンは美容以外にもつかれる優れものですね‼︎皆さんも是非やってみて下さい♪